kamonabe雑記帳

アクセスカウンタ

zoom RSS 山梨ウインタージュニア 予選最終日

<<   作成日時 : 2008/12/13 19:44   >>

かわいい ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

画像
今日は"早くから山梨ウインタージュニアを見よう!!"と思っていたのですが、すっかり寝過ごしてしまいました・・・(^_^;) ある方のメールがなければ眠り続けたかも・・・(起きてよかった〜・・・(^^ゞ)
会場に着いたのはお昼過ぎ。風もなく穏やかで暖かな陽気です。
今日の写真はどれからにしようと試行錯誤してましたが、千葉の二人のジュニアからにしました。左の子は数年前に山梨ウインターで優勝を飾っています。右側の子は昨年の山梨須玉ジュニアで優勝を飾っていて、昨日行われた甲府ジュニアでも活躍したジュニアです。東京生まれの千葉育ちの私にとってみて、千葉県の選手で山梨に縁があり勢いがあるこの二人のツーショットということにしました。いい表情でしょ!!
画像
さて、今日はどこからお話しようかこの雑記帳を書きながらも迷ってますが・・・まずは山梨県選手で予選を見事勝ち上がった古谷真李奈ちゃんでしょう。いや〜素敵なテニスでした。彼女の持ち味はなんといっても小気味のいいテニス!! 山梨県選手権、山梨トーナメントと二大会連続でファイナリストと活躍をしていますが、今日の予選ファイナルでも小気味のいい、キレのあるテニスを見せてくれました。不思議なもので、調子がよかったり、自信を持った選手のコートいうのは外から見ていても狭く感じるもので、対戦相手のコートが広く見えます。相手の力のあるショットでも下がらずしっかり前で対処した真李奈ちゃん。けっしてまだ体に力がついたわけではないのでしょうが、今日はホンと大きく見えました。
画像
"成長"ということで言えば、昨年の山中湖ジュニアで見事ファイナリストとなった、藤谷里美ちゃんもそうでしょう。ちょっと癖があるフォームから打ち出されるショットは写真を撮っていてもタイミングが掴み辛いのですが、対戦相手はもっとそうでしょう。小さなテイクバックから打ち出されるショットはタイミングも早く、コースも分かりにくい・・・そして更にショットの安定感とスピードがついていました。彼女は受験生だそうですが、受験勉強の合間に短時間でもコートにやってきて、さらに自分とはまともには打ち合えないような低年齢の子たちとも一生懸命に練習をしているそうです。そういえば、K-TENNIS TRAININGでは全日本選抜ジュニア優勝の蜂谷くんもそのようなことをしていました。コーチの教えから発想を膨らませて・・・そう簡単にはできることではありませんし、誰もができることではないでしょう。でも、テニスという競技の"可能性"を感じたプレイで感動してしまいました。
二人とも個性を生かして、本戦でももうひと暴れしてほしいですね。

さて、書きたいことはたくさんあるけど・・・明日からいよいよ本戦!!
午前中は"みぞれ"などという予報もありますが、天気予報がはずれることを願ってます。
あっ、それから会場で放送されてましたが、今日の予選結果から本戦ドローが決まりますが、ネット公開は"間に合わない"ため明日の朝会場で発表だそうです。間に合わないって・・・???

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 4
かわいい かわいい かわいい
ナイス

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
山梨ウインタージュニア 予選最終日 kamonabe雑記帳/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる